ミツハの部屋 2017.09.15 (金)
「糸からはじまる 糸からつながる」


なにか イベントのタイトルのようですが 私の気持ちの話し。



17-645.jpg



私の主宰している 「機械編みワークショップ」 「糸紡ぎワークショップ」


どちらも 糸が共通 のものです。


私の場合 


手編み → 機械編み → 糸紡ぎ → 染色 → フェルト → 織り 


1本の糸(繊維)からはじまる手仕事


17-577.jpg




どれも皆つながっています。 


ワークショップの参加者様の中に 


1本の糸からはじまる手仕事の魅力に魅せられつつある方がいらっいました。


物を作っている時間を楽しみ


出来上がった物を身に着けて喜び


次は何を作ろか..と ワクワク構想を練っていたり


そんな姿を見ていると 



参加者様の思いを形にする為



私も全力でお手伝いをしよう...


参加者様が 喜ぶ姿を見たい...


1本の糸から 作品だけでなく 人と人もつながる そんな気持ちになります。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村  クリックしていただけると嬉しいです



機械編みワークショップのご案内

糸紡ぎワークショップのご案内



イベント出店情報
 9月23日(土)【森の手づくり市】 場所:京都下鴨神社 糺の森(ただすのもり)
11月26日(日)【 女性が輝くキラキラマルシェ】 場所:京都ホテルオークラ




ミツハの部屋 2017.07.18 (火)
スピナーの 年に一度のお祭り

東京スピニングパーティー


17-482.jpg


私も 行かせてもらうよう家族にお願いしています。


会場では、 この日にしか会えない友達と再会したり


楽しみしているお店を物色したり


興味のある ワークショップや レクチャーに参加したり


私にとっては、1日中 遊べるイベントです。


今日から 順次ワークショップの予約が始まりました。


受講してみたいものが 沢山です。


絞り切れずにいます。


学校で習う勉強は、嫌いだったけど 


好きなことの勉強は、


やっても やっても まだ足りない...まだ 欲しい...


もっと学びたいという学習欲


沢山の知識と情報を集めたい収集欲


得たものを 自分の中で最高のものにして


責任を持って伝えていきたい


これが 私の強みを生かしたビジョン。






自分の強みがわかります。


新刊には、アクセスコードが付いているので 強みを調べるテストが出来ますが


中古を買うと すでにアクセスコードが使われていいるので テストが出来ません。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村  クリックしていただけると嬉しいです

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クラフト雑貨・ワークショップのお店ノイエブリーゼ

2017年
8月度は夏期休業とさせていただきます。

9月度の営業日
9月10日(日)~15日(金)
12時~18時


機械編みワークショップのご案内

糸紡ぎワークショップのご案内
 
ミツハの部屋 2017.06.07 (水)
只今 夫の実家 京都の我が家の 大規模な片付けを 実行中です。


夫の実家は、農機具小屋兼納戸があるので 収納スペースに困ることがありません。


その為 古いものが たまりにたまって ものすごい事になっています。


先日 夫の実家に帰省して 片付け作業をした時に出てきた 「鯉のぼり」を もらってきました。


缶でできた収納箱の中に


17-371.jpg


こんな感じで 鯉のぼりが入っていました。


17-372.jpg


第1子である夫が生まれたとき 祖父が買ってくれたという 「鯉のぼり」


何年くらい 使ったのか 聞きそびれてしまいました。


過去 地域のイベントで 「鯉のぼり」を 寄附してくれないかと言われたこともあったそうですが


17-380.jpg


それを 断り 大切に保管していた 「鯉のぼり」


”鯉のぼりをどうするの?!”


と聞かれ


”何かにリメイクしようと思っています。

切り刻みますけど よいですか?”


と 問うと


”良い” とのお返事に もらってきました。


自宅に持ちかえり どれくらいの大きさのものか 広げてみました。


17-373.jpg


2メートルくらいだったら 使いやすかったのですが....


予想していたより 相当大きかったです。


こんなに 大きな「鯉のぼり」は、 我が家のような 住宅が密集しているところでは、


他人に敷地にかかってしまうし 電線にもかかるので 


泳がすことは、絶対に無理です。


今 私がイメージしているものに リメイクするのは、 


大きすぎて 構想を練り直す必要が出てきました。


とりあえず 洗濯するまで 室内持込み禁止令が 夫より出ているので


洗います。



「鯉のぼり」の 口の部分の 輪っかを 取り外さないと 洗えません。


17-374.jpg


生地が 弱っているでしょうから 無理にひっぱると 裂けることもあるので


丁寧に 縫い糸を 切っていきます。


17-375.jpg


中から 竹製の 輪っかが出てきました。


17-376.jpg


56年たっても どうもなっていません。


日本の竹 すごいですね。


染色用に使っている洗濯機に入れて 普通の洗濯洗剤を入れて 洗います。


17-377.jpg


洗濯機の水流に耐えられず 生地がボロボロになるかもしれない....


という一抹の不安もありましたが 「鯉のぼり」は、 洗濯に耐えてくれました。


が........


56年前の染色技術では、 色落ちが 激しかったです。



我が家は、古い家なので 排水マスというのがあります。


そこに貯まった水の色が 


17-378.jpg


殺人事件....を思わせるような 色でした。


当然 色鮮やかだった緋鯉も パステルカラーの緋鯉に。


真鯉も くっきりした黒が チャコールグレーになりました。


しかたがない.....


洗濯された「鯉のぼり」 は、



とりあえず 何十年かぶりに 外で 泳ぐことが出来たのですが


その場所が 物干し場だった というのは、どういう気分だったでしょうね。


17-379.jpg


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村  クリックしていただけると嬉しいです

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クラフト雑貨・ワークショップのお店ノイエブリーゼ

2017年
6月度 営業日
6月10日(土)~15日(木)
12時~18時


機械編みワークショップのご案内

糸紡ぎワークショップのご案内
ミツハの部屋 2017.06.01 (木)
先月から 家族にお世話をしてもらっている ハーブ



17-350.jpg


ハーブの後ろにある赤い花と重なって見にくくてすみません。


スクスクと成長しています。


ラベンダーは、 花穂がグングン伸びてきたので 支柱を立てております。


17-351.jpg


少しですが 開花してきました。


17-352.jpg


以前も書きましたが


ハーブを育ててどうするの?!


もちろん 愛でるだけでは、ありません。


ハーブを使って なにかを作りたいと思っています。


参考にしているのは、 こちら ↓




2008年発行の 古い本なので 書店には、置いていないと思います。


私は、立ち寄った BOOK OFFでみつけました。


この本には、ハーブの基礎知識だけでなく クラフトとしての使い方も載っていたので買いました。


ラベンダーの花穂入りの石鹸や


17-353.jpg


とれる量が少ないので


小さなポプリなどつくれたらいいな...と思っています。



17-354.jpg



いつか こんな光景の場所に行ってみたいです。



71195e6ecbc42b4d8cbbaede482f685d_s.jpg


工業生産の  安くて良いものが沢山あふれているけれど


時間はかかっても 



日々の暮しの中の 身近なものを1から手作りする楽しさ



素材に対する安心感


自分で作ったという自己満足
             ↑ これが一番大きい


自己満足 大いに結構


まずは、自分で 自分を癒してから


次のステップに進めればと思っています。 
(えぇ~~どこに向かっているのぉ~~)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村  クリックしていただけると嬉しいです

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クラフト雑貨・ワークショップのお店ノイエブリーゼ

2017年
6月度 営業日
6月10日(土)~15日(木)
12時~18時


機械編みワークショップのご案内

糸紡ぎワークショップのご案内
ミツハの部屋 2017.05.12 (金)
先日 ノイエブリーゼに


デコパージュ講座の 柳朱穂先生が 来店されました。


”大掃除をしたら 奥から出てきた”


と 糸を持ってこられました。


ほとんどが 並太サイズの  コットン糸 着分 余裕であります。


17-301.jpg


編み物や織りをしていると


時々 いらなくなった 糸などを 譲り受けることがあります。



譲られる方は、「捨てるより 何かに生かしてもらえば」 という思い。



譲られた方は、「そのうち なにかに使えるかも」 という思い。


私は、圧倒的に後者になることが多いですが


時々は、前者にもなります。


なので どちらの気持ちもわかります。




さてと.....


この糸を 何に どう使おうか....


個展用の 作品は、 完成イメージがあって それを実現する為に


素材を探し 加工し 編んだり 織ったりします。


でも 時には、 先に素材がもうあり これを使って何かを作る場合もあります。


 「こんな形にして!」 という素材の声が聞こえてくる人もいるそうですが


17-304.jpg



私には、 いまだかつて 素材の声が聞こえてきたことが ありません。


素材を じぃ~~~~と見つめたり


17-302.jpg



触ったりして イメージが浮かんでこないか


17-303.jpg



手作り様の降臨を待っていたのですが この日は、無理でした。



17-305.jpg


こういう時は 素材を塩漬けすることになります。


譲られた方も 近々のうちに作品になるとは、思っていないと思います。


忘れたころに 作品にして びっくりしてもらおうかと 思っています(笑)


【5.先日頂いた糸で織り機にかけるカバーを織ろう 完成】

【4.先日頂いた糸で織り機にかけるカバーを織ろう その3】

【3.先日頂いた糸で織り機にかけるカバーを織ろう その2】

【2.先日頂いた糸で織り機にかけるカバーを織ろう その1】



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村  クリックしていただけると嬉しいです

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クラフト雑貨・ワークショップのお店ノイエブリーゼ

2017年
5月度 営業日
5月10日(水)~15日(月)
12時~18時


機械編みワークショップのご案内

糸紡ぎワークショップのご案内

ミツハの部屋 2017.05.09 (火)
今年に入ってから なにかと 「ハーブ」 と言う言葉に反応する私がいます。


ハーブの持っている 様々な効果を 自分に取り込みたいと


無意識に思っているのでしょうか。(笑)


緑の指を持っていない私は、

(*緑の指をもっている =  園芸が上手な人のこと) 


「ハーブを植えたい」  →  「育ててくれる?」


と家族に相談したら


「ハーブを育てて どうするつもりだ...」


と 想定通りの質問に


「ハーブを使ったクラフトをしてみたい」


と 答えたところ


しぶしぶ お許しを頂き 近所のホームセンターで 苗を買ってきました。


ローズマリー と ラベンダーです。




家族が シブシブ 植え替えをしてくれます。


17-275.jpg


苗だけでなく 鉢や 土も買いました。 


17-276.jpg


植え替え 終了


17-277.jpg


今後も 私は、愛でるだけ。


お世話は、家族にお任せです。


ローズマリーは、 大きく育ったら すでに自宅で大木となっている 月桂樹と合わせて


リースを 作ってみたいと 思っています。


ラベンダーは、1株しかないので まずは、ポプリくらいでしょう。


ベニシアさんのような ハーブ研究家になるつもりはないので


まずは、 これで 満足です。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村  クリックしていただけると嬉しいです

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クラフト雑貨・ワークショップのお店ノイエブリーゼ

2017年
5月度 営業日
5月10日(水)~15日(月)
12時~18時


機械編みワークショップのご案内

糸紡ぎワークショップのご案内
ミツハの部屋 2017.05.08 (月)
夫の実家は、 毎年 GWの時期に 田植をします。


GWのどの日に 苗を植えるかは、 お天気と 両親の都合で 全て決まります。


田植の召集は、 直前にかかるので 我が家は、召集に備えて GW期間中は、


行楽の予定は、立てられません。





今年も 無事 田植が 終わりました。


夫の実家の 近隣の田園風景も 年々変わりつつあります。


17-273.jpg


田んぼを 売り あるいは、 貸出し


ソーラーパネルを付設しているのが 激増しました。


理由は、 高齢化 と 後継者不足です。


義両親も とっくに80才を越え いつまで 田植ができるのか。


その後 どうするのか まだ 夫は、答えを出していません。


義理の父から聞いた話しだと


戦時中 食べ物に困ることはなく


よく都会の人がやってきて お金や物と  米を引き換えていたそうです。
(当時 お米は、政府の配給制なので こういう物々交換は、犯罪でした)


江戸時代から この地で お米を作っていた夫の実家。


近い将来 田植機や コンバインに乗っている夫を 見ることになるのでしょうか。


その時 私は、 どうしているのでしょう。


そんな将来を 想像しながら 夫の実家で家事をこなすGWでした。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村  クリックしていただけると嬉しいです

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クラフト雑貨・ワークショップのお店ノイエブリーゼ

2017年
5月度 営業日
5月10日(水)~15日(月)
12時~18時


機械編みワークショップのご案内

糸紡ぎワークショップのご案内

ミツハの部屋 2017.04.04 (火)
ようやく暖かくなってきたかと思えば


私の花粉症は、絶頂期を迎えようとしております。


そんな中 近所の 【京都 下鴨神社】 糺の森(ただすのもり)で開催された


【糺市 ただすいち】に行って来ました。


【糺市 ただすいち】は、 下鴨神社の氏子が主催する フリーマーケットです。





最近は、ネットのフリマが勢いを出しているので


対面での フリマは、 出店者が少なくなってきているように思えます。


今回 購入したもの 総額 900円也


17-a-046.jpg


綿のワンピは、 家の中専用 フワッとしたデザインで 薄地なので きっと涼しいはず。


真夏に活躍することを期待しています。


西陣の絹糸と 真鍮の医療用小物入れ

17-165.jpg


絹糸は、 1かせ300円で 他にも 数種類あったので


出店者に2かせで500円にして...と 値切交渉しましたが


きっぱり断られ 1かせだけ 購入しました。


色が綺麗なので アートヤーンを紡ぐ時の 合わせ糸にしたらすてきだと思います。


真鍮の医療用小物入れ


ふたを開けると さらに内蓋がついています。


17-166.jpg


きっと アルコールを浸した 消毒用綿をいれていたものだろうな...と思います。


経年で 汚れていますが 磨けば綺麗になるはず。



古道具市とか 青空市とか 京都では、 古道具屋さんが 結構出店しているので


都合がつけば 出向いています。


日本では、 100年たてば、道具にも神がやどる ということを


なにかで 読んだことがあります。


それを信じる 信じないは、 おいといて....



私は、古い物を抵抗なく使える人です。


でも家族は、 前の持ち主が どんな人で どんな環境で どんな使い方をされたのか


わからないから 気持ち悪くて 絶対に触りたくないタイプの人なので


私が 気に入った古道具を見つけても しぶい顔をするので


時には、購入をあきらめることもあります。


年月を経た道具類を見たとき 経年による変色  摩耗  キズなど見ると


それらを使って 昔 もの作りをしていた人は、


どういう環境で作っていたんだろう


その時代は、どんな生活をしていたんだろう


そんな気持ちが 膨らんで プチタイムスリップするような


不思議な妄想をしてしまいます。


その気持ちを 勝手に


「道具類からなにか ”気” が出ている」  とか


「引き寄せられて...」 とか


理由づけをしてしまうのでしょうか。(笑)




ずっと探していたものや 一目で気に入ったものとの出会いは 


誰にとってもうれしいもの。



古いものでも 新品のものでも


それを手にしたときの 嬉しい気持ち 


使う時の ワクワクした気持ち


そんな気持ちを大切にして


自分の作ったものが 


誰かの そういうものでありたいと思いながら 


もの作りをしていきたいと思っています。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村  クリックしていただけると嬉しいです

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クラフト雑貨・ワークショップのお店ノイエブリーゼ

2017年
4月度の営業
4月10日(月)~15日(土)  12時~18時


機械編みワークショップのご案内

糸紡ぎワークショップのご案内
ミツハの部屋 2017.03.29 (水)
2015年に 京都御所で撮影したしだれ桜です。

15-277.jpg


京都市も もうすぐ ソメイヨシノの桜が咲き始めます。


私は、桜の花が大好きです。


家族には、私が死んだら 遺灰を桜の木の下に埋めてほしいと 言っています。



桜の何が好きかというと 色です。


薄いピンク色を見ていると 幸福感が味わえるからです。



17-142.jpg


なぜ 幸福感が得られるのかな..と


色彩心理学を 調べてみました。


ネットで簡単に調べた程度なのですが


ピンクに関しては、ほとんどが 「愛情」 と出てきました。


・沢山の人に愛を与えられるエネルギーとか

正負の法則通り その真逆の

・人に愛されたい 優しくされたいという願望が強いとか


私 どれだけ 愛情に飢えているのでしょうか。(凹)



幸福感の正体が なかな掴めません。


16-a-078.jpg


自分のことなのに 心の中の深堀ができません。


昨年 たまたま 複数の カードやら なんやらの占いをしてもらう機会があり


そのどれもが

・ありのままの自分を愛すること

「私は、変わらないでよい。今のままでよい」


と言われたことに  今一 納得できずに もがいておりました。





”私は、今のままで いいんだ...”


と 1年に1度 桜を見て 無意識のうちに そう感じ


自分を許すことによって しがらみから一次的に解放され


幸福感を 感じていたのでしょうか。


なんか ものすごく遠回りをしたようですが


私が 「桜」 を  「ピンク」 を 好きな理由は、


「しがらみからの解放」 と


「自分を許す」 ことなのだと。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村  クリックしていただけると嬉しいです

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クラフト雑貨・ワークショップのお店ノイエブリーゼ

2017年
4月度の営業
4月10日(月)~15日(土)  12時~18時


機械編みワークショップのご案内

糸紡ぎワークショップのご案内

4月から講習料がかわります。
3月中に次月以降のご予約の方は、講習料 据え置きサービスしております。