機械編みワークショップ 2017.04.03 (月)
ノイエブリーゼでは、 毎月 10日~15日の6日間

毎日 【機械編みワークショップ】 を開催していますが


時々 10日~15日 の日程以外の日に 開催してもらえないか というリクエストがあります。


そのような 場合も 私のスケジュールが調整できれば できるだけ対応しております。


今回参加の方は、 オーストラリア在住の方で


日本へ 里帰りの時を利用しての参加でした。


40年前 ブラザーの編み機で 機械編みをされていたとのこと。


糸もオーストラリアで購入して 持参されてきました。





オーストラリアは、国土が広いです。


この方の住んでいるところは、 冬でも暖かく セーターやコートは、ほとんど着ることがないそうです。


なので ウール100パーセントの毛糸は、あまりないそうです。


17-153.jpg


まずは、 作りたいものを決め スワッチを編みます。

スワッチが決まれば ゲージを編みます。

17-164.jpg


放冷時間を利用して 採寸から始まって 希望デザインの実物大製図をします。


17-155.jpg


ニットリーダーを使用して編むので 割り出しは、省略できます。


各パーツの裾に レース模様を入れるデザインにしたので


今回の 編み機は、フル装備仕様です。


17-156.jpg


あとは、ひたすら ニットリーダーを参照しながら 編む作業。


17-157.jpg



17-158.jpg


後ろ身頃


17-159.jpg


前身ごろ


17-160.jpg


そで


17-161.jpg


各パーツを編んだら とじはぎ作業です。


17-162.jpg


完成


17-163.jpg


本人のデザイン画  希望サイズ通りの プレーンなセーターが出来ました。


完成までにかかった時間 (3時間  1コマとして)

編むまでの準備 3時間 × 2コマ
(デザイン画 スワッチ編み ゲージ編み 実物大製図) 

編み機で編む作業 3時間 × 5コマ

とじはぎ作業 3時間 × 1コマ


合計 3時間 × 8コマ

5日間 通いずめで編まれました。


今回参加された方は、 40年前の編み機は、すでに処分されていたので


日本に里帰りする前に ブラザーの電子編み機・ ゴム編み機・ニットリーダーを


eBayで 入手したので 使い方の復習がてらの参加でした。


電子編み機は、 イギリスに輸出されたブラザーの電子編み機を落札したそうで


電圧やら コンセントの形状やら オーストラリアで使えるのか心配ですが


その点は、わかった上で落札したのでしょうから


頑張って使いこなしてほしいです。


ノイエブリーゼで準備している編み機は、 電子編み機でなく


その前の パンチカード式の編み機です。


編める模様に制限がありますが 充分使えるし 楽しめる編み機です。


ワークショップは、1回完結型ですが


連続して通われると セーターや カーディガンなども 編むことができます。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村  クリックしていただけると嬉しいです

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クラフト雑貨・ワークショップのお店ノイエブリーゼ

2017年
4月度の営業
4月10日(月)~15日(土)  12時~18時


機械編みワークショップのご案内

糸紡ぎワークショップのご案内