その他の手芸の部屋 2017.06.28 (水)
月に1度 手紡ぎ仲間が集まる会で


メンバーそれぞれが持っている知識や技術をシェアし合っています。


夏になると ウール以外の素材に目が行き


只今 マクラメの集中講習を楽しんでいます。



この日は、 こちらの本から  ↓






巻き結びの技法を練習しています。


17-429.jpg


黄色のサンプルは、先生役のメンバーさんの作ったもの。


マクラメ本の ゴースト作家さんなので 非常に美しい結びです。



それにくらべて マクラメ作品としては、2作品目の私の結びは、



17-430.jpg


練習なので 結びやすい太めの糸と使っていますが



ひどい歪みです。(笑)



完成したもの。


17-431.jpg


こんなものです。
(2作品目なので暖かい目で見てくださいませ)


綺麗に結べるようになるのは、 まだまだ練習しなければなりません。



来月もまた マクラメをする予定です。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村  クリックしていただけると嬉しいです

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クラフト雑貨・ワークショップのお店ノイエブリーゼ

2017年
7月度 営業日
7月10日(月)~15日(土)
12時~18時


機械編みワークショップのご案内

糸紡ぎワークショップのご案内
 
織りの部屋 2017.06.24 (土)
完成まで 随分長い時間かかってしましました。


【4.先日頂いた糸で織り機にかけるカバーを織ろう その3】


【3.先日頂いた糸で織り機にかけるカバーを織ろう その2】


【2.先日頂いた糸で織り機にかけるカバーを織ろう その1】


【1.作品作りはイメージが先か・素材が先か どちらも悩みます。】


縮絨後 自然乾燥させたあと


17-407.jpg


はぎ合わせたところが どうしても気になります。


17-421.jpg



なので ステッチをして 目立たなくします。


17-422.jpg



房をそろえて 完成


17-423.jpg



この織り機に


17-424.jpg



かぶせました。


17-425.jpg


ろくろ式の織り機は、 初めてでしたが


私が思っていたより 開口が大きかったこと。


音が静かだったこと。


メインでつかっている ハリスビルの織り機は、


踏み木の音がガッチャン ガッチャンと 結構します。


なので 夜なべ仕事は、できません。


ろくろ式の 音の点は、良かったのですが


タイアップの時 システムコードと ペグを使うのが非常に面倒でした。


16-129.jpg


その点 ハリスビルは、とても簡単です。


どちらも 一長一短ですね。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村  クリックしていただけると嬉しいです

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クラフト雑貨・ワークショップのお店ノイエブリーゼ

2017年
7月度 営業日
7月10日(月)~15日(土)
12時~18時


機械編みワークショップのご案内

糸紡ぎワークショップのご案内
 
染色の部屋 2017.06.22 (木)
先日より鯉のぼりプロジェクトが進んでおります。

3.【鯉のぼりの磔】(笑) はこちら


2.【鯉のぼりの解体ショー】 は こちら


1.【56年前の鯉のぼり】を再び使わせて頂きます。 はこちら

一見 鯉のぼりプロジェクトとは、関係なさそうですが...


白生地の 半端の反物(頂きもの)


17-415.jpg


訳ありの反物で 1反分なく  生地のどこかに 織り傷等があります。


反物を広げると 5メートル位のところで 切れていました。


17-416.jpg


切れていても問題有りません。


これを 染めます。


鯉のぼりが泳ぐ時期の空の色に染める.....ために使った染料。


17-417.jpg


だいぶ昔の ハマナカの 「マルセルカラー染料」


この染料も 頂きもの


明るい空色っぽい青があったので これで染めます。


17-418.jpg



染料と溶くと 藍染の染料みたいです。



17-419.jpg



タンクの中に ドボンと浸し 染めました。



伸子張りをしていないので 少し 縮みました。



17-420.jpg


プロジェクトもだいぶ 進んできました。


次からは、 お裁縫作業になる予定です。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村  クリックしていただけると嬉しいです

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クラフト雑貨・ワークショップのお店ノイエブリーゼ

2017年
7月度 営業日
7月10日(月)~15日(土)
12時~18時


機械編みワークショップのご案内

糸紡ぎワークショップのご案内
 

あれこれ 2017.06.20 (火)
【56年前の鯉のぼり】を再び使わせて頂きます。 はこちら


【鯉のぼりの解体ショー】 はこちら



時間を見つけて チマチマと作業を進めております。


先日 解体した 鯉のぼり

17-400.jpg


17-401.jpg


このまま使うのは、大きすぎるので 適当な大きさに切ります。


布を切ってしまえば もう引き返すことが出来ません。


ドキドキするかな...と 思っていたのですが


鯉のぼりを解体するときに もうふっきれていたので


ザクッ と鋏を入れました。


17-410.jpg



17-411.jpg


布地が56年もの時の中で 絶対に 弱っていると思います。


少し力を入れただけで ビリッ と破けるくらいの強度なので


補強をします。


薄い接着芯を磔ます。


アッ 間違えました。 貼り付けます。(笑)


17-412.jpg


アイロン接着後 余分なところを 切り取ります。



17-413.jpg


布地に根性が出てきました。


これ以降の作業も安心して 布地を扱うことが出来ます。


17-414.jpg


とりあえず畳んでおいて

 
次の作業に取り掛かる準備をします。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村  クリックしていただけると嬉しいです

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クラフト雑貨・ワークショップのお店ノイエブリーゼ

2017年
7月度 営業日
7月10日(月)~15日(土)
12時~18時


機械編みワークショップのご案内

糸紡ぎワークショップのご案内
 
織りの部屋 2017.06.17 (土)
【5.先日頂いた糸で織り機にかけるカバーを織ろう 完成】

【3.先日頂いた糸で織り機にかけるカバーを織ろう その2】

【2.先日頂いた糸で織り機にかけるカバーを織ろう その1】

【1.作品作りはイメージが先か・素材が先か どちらも悩みます。】



機から下ろした状態

17-382.jpg


ここから 仕上げ工程に入ります。


織幅37cmのままでは、 織り機のカバーには、小さいので


2枚はぎ合わせにすることを前提に 織り設計を立てました。


とじ針を使って 地道にはぎ合わせていきます。


17-404.jpg


房の始末をします。


今回は、楽々 丸結び


17-405.jpg


縮絨


手編み用の毛糸を使用しているので


縮まないことを想定して 織り密度を決めました。


なので 汚れを落とし 織目を整える程度の縮絨を目指します。


17-406.jpg


軽く脱水後 幅だし


17-408.jpg


アイロンセット


17-409.jpg



自然乾燥


17-407.jpg


この後も 完成まで 仕上げ作業が続きます。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村  クリックしていただけると嬉しいです

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クラフト雑貨・ワークショップのお店ノイエブリーゼ

2017年
7月度 営業日
7月10日(月)~15日(土)
12時~18時


機械編みワークショップのご案内

糸紡ぎワークショップのご案内
 
あれこれ 2017.06.14 (水)
先日 夫の実家から持ってきた 【56年前の鯉のぼり】


持ってきた時の様子は、こちら



17-373.jpg


洗濯が済んだので 解体をします。


まずは、 腹側から 解きます。


17-398.jpg


真鯉の開き状態


17-397.jpg


背を解きます。


17-399.jpg



真鯉の2枚下ろし


17-400.jpg



緋鯉の2枚下ろし


17-401.jpg



アイロンをかけ


17-402.jpg



次の工程まで しばし このまま畳まれた状態で保管


17-403.jpg


義母の 56年間大切に保管していた気持ちを思うと


解くことに 気持ちが揺らいでしまって 


なかなか 先に進めませんでした。


でも 義母が元気なうちに 再利用して役立てることに気持ちを切り替え


一気に 解きました。


さて次の工程は、 材料を 調達してこないと進めません。


ちょうど 手芸店から 割引セールの案内のハガキが 届いていたので


よいタイミングです。


週末 行ってこようと思います。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村  クリックしていただけると嬉しいです

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クラフト雑貨・ワークショップのお店ノイエブリーゼ

2017年
7月度 営業日
7月10日(月)~15日(土)
12時~18時


機械編みワークショップのご案内

糸紡ぎワークショップのご案内
 
機械編みワークショップ 2017.06.12 (月)
毎月 10日~15日の6日間


予約制で 毎日 ワークショップを開催しております。



この日は、【機械編みワークショップ】に参加の 京都の方


自宅に編み機を持っていらっしゃるので


技法を覚えるのに とても熱心な方です。


今 藍染の麻で すそが ふんわり ヒラヒラしたシルエットになる


タンクトップを編むことに取り組んでおられます。


実物大製図をし ニットリーダーを使って編みます。





ニットリーダーを使えば 編み物につきものの 割り出し計算をする必要がありません。



でも 実物大製図が書けないと ニットリーダーも書けない というデメリットがあります。



17-395.jpg



17-396.jpg


スーツのような 立体製図は、難しくて大変ですが


普通の編み物本に掲載されているデザインのもは、


縮尺製図が載っているので そこから 実物大に展開することが出来ます。


あるいは、 洋裁の本についている 実物大パターンを使って編むことができる場合もあります。


まずは、 講師に ご相談いただければ お手伝いさせて頂きます。


FBmitsuha.jpg


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村  クリックしていただけると嬉しいです

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クラフト雑貨・ワークショップのお店ノイエブリーゼ

2017年
6月度 営業日
6月10日(土)~15日(木)
12時~18時


機械編みワークショップのご案内

糸紡ぎワークショップのご案内
あれこれ 2017.06.10 (土)
知人宅のご近所さんが 家業を廃業するとのことで


処分されるはずの糸を 譲っていただいたそうです。


個人で使うには、相当量あるので 私の所にも おすそ分けが回ってきました。


ざっと 20キロあります。


17-387.jpg


パッケージの状態や 糸の変色等をみて 相当 古い糸のようです。


素材は、 シルク  麻混シルク のようです。


織り用の糸なので かなり細番手。


糸1本で 編み物用に使うには、 かなり無理があるので


数本 引き揃えで編むことになります。



驚きの白さ!!!


17-393.jpg


雅な 紫


17-388.jpg


落ち着きのエンジ色


17-389.jpg


夏の空色


17-390.jpg



昭和の生成り色


17-391.jpg



一生かかっても使い切れません。


17-392.jpg


きちんと整理して 近いうちに なんらかの形で 


ブログをお読みの皆さんや


友人・知人に お分けしたいと思います。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村  クリックしていただけると嬉しいです

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クラフト雑貨・ワークショップのお店ノイエブリーゼ

2017年
6月度 営業日
6月10日(土)~15日(木)
12時~18時


機械編みワークショップのご案内

糸紡ぎワークショップのご案内
あれこれ 2017.06.09 (金)
京都は、 梅雨入り宣言が出ましたが


今日は、貴重な晴天日。


そして 9日の夜は、 ストロベリームーンが見られるとか。


17-386.jpg


本当にこんな色の お月さんが見られるのでしょうか。


今夜見てみたいと思います。



満丸いお月さん繋がりでは、ないですが


今年は、 冷蔵庫にストックしてある梅干しが 切れてしまったので


数年ぶりに 梅干しを漬ける予定です。


17-384.jpg



それと同時に 家族が らっきょう漬けを食べたいということで



17-385.jpg


はじめて らっきょう漬けにも 挑戦することになりました。


どちらの食材も スーパーの店頭に並びはじめたので


いつ頃 始めようかと 思案しています。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村  クリックしていただけると嬉しいです

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クラフト雑貨・ワークショップのお店ノイエブリーゼ

2017年
6月度 営業日
6月10日(土)~15日(木)
12時~18時


機械編みワークショップのご案内

糸紡ぎワークショップのご案内
織りの部屋 2017.06.08 (木)
【5.先日頂いた糸で織り機にかけるカバーを織ろう 完成】

【4.先日頂いた糸で織り機にかけるカバーを織ろう その3】

【2.先日頂いた糸で織り機にかけるカバーを織ろう その1】

【1.作品作りはイメージが先か・素材が先か どちらも悩みます。】


先日から ボチボチ時間を見つけて織っていた


「織り機にかけるカバー」


17-381.jpg



織る工程が終わりました。



17-382.jpg



機から下ろしたあとは、


糸始末と はぎ合わせです。


地道な作業がまだ続きます。


17-383.jpg


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村  クリックしていただけると嬉しいです

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クラフト雑貨・ワークショップのお店ノイエブリーゼ

2017年
6月度 営業日
6月10日(土)~15日(木)
12時~18時


機械編みワークショップのご案内

糸紡ぎワークショップのご案内

ミツハの部屋 2017.06.07 (水)
只今 夫の実家 京都の我が家の 大規模な片付けを 実行中です。


夫の実家は、農機具小屋兼納戸があるので 収納スペースに困ることがありません。


その為 古いものが たまりにたまって ものすごい事になっています。


先日 夫の実家に帰省して 片付け作業をした時に出てきた 「鯉のぼり」を もらってきました。


缶でできた収納箱の中に


17-371.jpg


こんな感じで 鯉のぼりが入っていました。


17-372.jpg


第1子である夫が生まれたとき 祖父が買ってくれたという 「鯉のぼり」


何年くらい 使ったのか 聞きそびれてしまいました。


過去 地域のイベントで 「鯉のぼり」を 寄附してくれないかと言われたこともあったそうですが


17-380.jpg


それを 断り 大切に保管していた 「鯉のぼり」


”鯉のぼりをどうするの?!”


と聞かれ


”何かにリメイクしようと思っています。

切り刻みますけど よいですか?”


と 問うと


”良い” とのお返事に もらってきました。


自宅に持ちかえり どれくらいの大きさのものか 広げてみました。


17-373.jpg


2メートルくらいだったら 使いやすかったのですが....


予想していたより 相当大きかったです。


こんなに 大きな「鯉のぼり」は、 我が家のような 住宅が密集しているところでは、


他人に敷地にかかってしまうし 電線にもかかるので 


泳がすことは、絶対に無理です。


今 私がイメージしているものに リメイクするのは、 


大きすぎて 構想を練り直す必要が出てきました。


とりあえず 洗濯するまで 室内持込み禁止令が 夫より出ているので


洗います。



「鯉のぼり」の 口の部分の 輪っかを 取り外さないと 洗えません。


17-374.jpg


生地が 弱っているでしょうから 無理にひっぱると 裂けることもあるので


丁寧に 縫い糸を 切っていきます。


17-375.jpg


中から 竹製の 輪っかが出てきました。


17-376.jpg


56年たっても どうもなっていません。


日本の竹 すごいですね。


染色用に使っている洗濯機に入れて 普通の洗濯洗剤を入れて 洗います。


17-377.jpg


洗濯機の水流に耐えられず 生地がボロボロになるかもしれない....


という一抹の不安もありましたが 「鯉のぼり」は、 洗濯に耐えてくれました。


が........


56年前の染色技術では、 色落ちが 激しかったです。



我が家は、古い家なので 排水マスというのがあります。


そこに貯まった水の色が 


17-378.jpg


殺人事件....を思わせるような 色でした。


当然 色鮮やかだった緋鯉も パステルカラーの緋鯉に。


真鯉も くっきりした黒が チャコールグレーになりました。


しかたがない.....


洗濯された「鯉のぼり」 は、



とりあえず 何十年かぶりに 外で 泳ぐことが出来たのですが


その場所が 物干し場だった というのは、どういう気分だったでしょうね。


17-379.jpg


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村  クリックしていただけると嬉しいです

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クラフト雑貨・ワークショップのお店ノイエブリーゼ

2017年
6月度 営業日
6月10日(土)~15日(木)
12時~18時


機械編みワークショップのご案内

糸紡ぎワークショップのご案内
その他の手芸の部屋 2017.06.05 (月)
週末 京都 中京区にある  「Bonjour! 現代文明」 で開催された


FABLIC OF INDIA 2017企画の



【ベンガラ染めのブロックプリントのワークショップ】 に参加してきました。



17-361.jpg


大正時代に建てられた町家を改装したお店で 京都では、よく見かける感じです。


畳の部屋に置かれたテーブルが ワークショップスペース


17-362.jpg


先生が準備してくれた 大小様々 お花模様 動物模様 幾何学模様他



すきな木型を選びます


17-363.jpg


私は、猫物を即選びます。



17-364.jpg


ベンガラ染料

17-365.jpg


木型を使って ペタペタ押していきます。


17-366.jpg


シャチハタのように 軽くポン! と押すだけでは、なかなか染料は、付きません。


掌を バンバンバンと 木型に力強く打ち付けていくので 掌が痛くなります。


17-368.jpg


バンバンバンという音だけが響き 皆な 真剣に取り組んでいました。


1時間もすると 皆 完成します。


自宅で アイロン(熱処理)をすることで 顔料が定着するそうです。


17-369.jpg


なれていないせいか 顔料は、なかなか 繊維についてくれません。



なんとなく 薄付きです。


17-370.jpg


今回やったベンガラ染めは、


ベンガラ顔料と 増粘剤を混ぜたものを使用しているそうです。


ケミカルなものを いっさい使っていなし染色は、


無害な天然染料として オーガニック製品にも使用されている...と


先生は、おっしゃっていました。


今回は、 木型を使った押し染めですが 


ベンガラで 糸を染めている人もいるので 機会があったらやってみたいと思います。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村  クリックしていただけると嬉しいです

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クラフト雑貨・ワークショップのお店ノイエブリーゼ

2017年
6月度 営業日
6月10日(土)~15日(木)
12時~18時


機械編みワークショップのご案内

糸紡ぎワークショップのご案内
あれこれ 2017.06.03 (土)
久しぶりに 作品展に出かけました。


【柴田民緒 着物日傘展】

17-357.jpg



6月2日(金)3日(土) 2日間
ART de ART VIEW


17-356.jpg




会場は、 沢山のお客さんで賑わっていました。



17-360-2.jpg


会場の写真撮影もOKとのこと


最近は、写真撮影を許可してくださる作家さんも 増えてきました。


日傘の生地は、全て 着物を リメイクしたものです。



反物では、ありません。



17-359.jpg


思いっきり和柄 もあれば モダンな柄  洋風な柄


色とりどりで 傘のお花が咲いた様でした。




会場に入ると 係の人が お茶を出してくださったり


簡単な説明をしてくださったりました。


作家さんとの お話は、沢山の方が 順番待ちをしているような感じだったので


1度しか面識のない私のことは、きっと覚えていないだろうと思い


混雑している会場を後にしました。




私が行った時は、TVクルーが来ていて ブツ撮りをしていました。


私が帰った後くらいに ご本人のインタビュー撮りがあったのでしょうね。


6月6日(火)に 放送されるそうです。


詳細は、 柴田民緒さんのブログでご確認ください。


17-358.jpg


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村  クリックしていただけると嬉しいです

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クラフト雑貨・ワークショップのお店ノイエブリーゼ

2017年
6月度 営業日
6月10日(土)~15日(木)
12時~18時


機械編みワークショップのご案内

糸紡ぎワークショップのご案内
ミツハの部屋 2017.06.01 (木)
先月から 家族にお世話をしてもらっている ハーブ



17-350.jpg


ハーブの後ろにある赤い花と重なって見にくくてすみません。


スクスクと成長しています。


ラベンダーは、 花穂がグングン伸びてきたので 支柱を立てております。


17-351.jpg


少しですが 開花してきました。


17-352.jpg


以前も書きましたが


ハーブを育ててどうするの?!


もちろん 愛でるだけでは、ありません。


ハーブを使って なにかを作りたいと思っています。


参考にしているのは、 こちら ↓




2008年発行の 古い本なので 書店には、置いていないと思います。


私は、立ち寄った BOOK OFFでみつけました。


この本には、ハーブの基礎知識だけでなく クラフトとしての使い方も載っていたので買いました。


ラベンダーの花穂入りの石鹸や


17-353.jpg


とれる量が少ないので


小さなポプリなどつくれたらいいな...と思っています。



17-354.jpg



いつか こんな光景の場所に行ってみたいです。



71195e6ecbc42b4d8cbbaede482f685d_s.jpg


工業生産の  安くて良いものが沢山あふれているけれど


時間はかかっても 



日々の暮しの中の 身近なものを1から手作りする楽しさ



素材に対する安心感


自分で作ったという自己満足
             ↑ これが一番大きい


自己満足 大いに結構


まずは、自分で 自分を癒してから


次のステップに進めればと思っています。 
(えぇ~~どこに向かっているのぉ~~)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村  クリックしていただけると嬉しいです

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クラフト雑貨・ワークショップのお店ノイエブリーゼ

2017年
6月度 営業日
6月10日(土)~15日(木)
12時~18時


機械編みワークショップのご案内

糸紡ぎワークショップのご案内