FC2ブログ
機械編みの部屋 2018.11.16 (金)
11月24日 来週の土曜日開催の 【森の手づくり市】出店に向け


準備に追われております。


充分な準備期間があったにもかかわらず いつものごことく 間際になってバタバタしている私です。


今日は、ミテーヌ&レッグウォーマー出来あがりました。


18-508.jpg


ソックヤーンのカラフルな色に助けられ


1目ゴム編みという単純な技法ですが いいものになりました。



ミテーヌとは、 指無し手袋ことです。


この作品は、 ミテーヌ としてだけではなく


レッグウォーマーとしても使えるよう編みました。


18-509.jpg



先ほどは、1目ゴム編みのことを 単純な技法と書きましたが


1目ゴム編みが 程よく 腕や 足にフィットして いい仕事をしてくれています。


ありがとう 1目ゴム編み様。


11月24日(土)

京都 下鴨神社 糺の森(ただすのもり)にて開催の


【森の手づくり市】


18-507.jpg


会場は、落ち葉の絨毯で敷き詰められ


紅葉が一番見頃のころです。(多分)


17-854.jpg
2017年12月初旬撮影



ブースナンバー[18] ノイエブリーゼの屋号で 出店しています。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村  クリックしていただけると嬉しいです。


ご案内 ノイエブリーゼで只今募集中です。
11月22日・12月6日(木)【マクラメワークショップ】
12月10~15日【機械編みワークショップ】
12月10日~15日【糸紡ぎワークショップ】


イベントのお知らせ 2018.11.13 (火)
11月後半の三連休の中日 24日(土)


京都 下鴨神社 糺の森(ただすのもり)で開催の


【森の手づくり市】に出店します。


P_20181124-2.jpg


只今 ニット小物の制作に追われております。(笑)



18-505.jpg


  ↑ こちらは、 マフラーにあらず。


ハンドウォーマ兼レッグウォーマーになる予定です。


編み機で  ザァ~~~っと 一気に編んで これから とじはぎの仕上げをします。



18-506.jpg


【もりの手づくり市】の開催日頃は、


京都は、紅葉の見頃を迎えていると情報番組では、言っていました。


17-855.jpg
2017年 12月初旬


手づくり市会場には、 キッチンカーもくるので


食べたり ブースを見て回ったり 境内を散策したり 神社をお参りしたり


1日過ごせます。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村  クリックしていただけると嬉しいです。


ご案内 ノイエブリーゼで只今募集中です。
11月22日(木)【マクラメワークショップ】
11月10~15日【機械編みワークショップ】
11月10日~15日【糸紡ぎワークショップ】

ちょっといいかも! 2018.11.10 (土)
18-503.jpg



今年の2月に 初めて味噌作りに挑戦した私。


その時の記事は、こちら


【はじめての「味噌作り」えっ!こんなに簡単なの。】


作ってから 家の中の 冷暗所において熟成をさせておりました。


先月 どんな感じになっているかな と思って


見てみると 黒カビらしきものが発生していたので


廃棄しました。


味噌玉を タッパーに詰めるときに 空気の層があったようで


そこにカビのようなものが発生したとおもわれます。


せっかく ここまで 熟成させたのに...と 残念に思っておりました。


そんなところに 味噌作りワークショップの募集が目についたので


再チャレンジしてきました。


京都府 向日市にある 「京都花麹



18-502.jpg


5人でのワークショップでした。



18-504.jpg



味噌作りの工程は、いたって簡単です。


材料

18-493.jpg



18-494.jpg


どこの大豆を使うか


どの麹を使うか


どの塩を使うか


ここに 講師のこだわりが見えてきます。


作る工程


すでに茹でてある大豆を つぶします。


18-495.jpg


麹と塩を混ぜます。


18-496.jpg


つぶした大豆と 麹と塩を混ぜたものを 混ぜます。


18-497.jpg


みそ玉を作ります。

18-498.jpg


ラミジップという袋に詰めます。


18-499.jpg


この時 空気の層ができないよう 注意が必要です。


前回は、ここで 失敗しました。


空気をぬくようにして ジッパーを閉じます。


完成


18-500.jpg


自宅で 重さを量ったら およそ1.8キロありました。


18-501.jpg


我が家でしたら 3か月分くらいでしょうか。



若いお味噌が好きな人は、3か月後くらいには、食べることができるようです。


私は、熟成したお味噌がすきなので 頑張って1年寝かすつもりです。


先生のお話によると 冷暗所で保管しなくても


直射日光さえ当たらなければ リビングにおいていても大丈夫。


袋の上下をひっくり返して保管すれば それが天地返しになります。


ということで ますます みそ作りが簡単になったわけで


「お味噌ちゃんの様子がおかしいな とおもったら ここに連れてきてくださいね。」


お味噌を擬人化する程 愛情をもっていらっしゃることに


プロとしての 誇りを感じることができました。


京都 花麹では、 定期的に 味噌作りや 白みそ作り 酵素ジュース


いろんなワークショップを開催しています。


気になる方は、こちら


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村  クリックしていただけると嬉しいです。


ご案内 ノイエブリーゼで只今募集中です。
11月22日(木)【マクラメワークショップ】
11月10~15日【機械編みワークショップ】
11月10日~15日【糸紡ぎワークショップ】
あれこれ 2018.11.05 (月)
我が家から 徒歩 6分のところにある


京都 百万遍 知恩寺で 「秋の古本まつり」が開催されたので 行ってきました。


18-491.jpg


18-480.jpg


古本まつりは、好きで 都合がつく限り行くようにしています。


主に編み物関係の 古い本を見つけて


ニヤニヤしながら コレクションを増やしていくのが楽しみなんです。


ですが 今回は、 洋書を手軽な価格で 入手することが目的で 行ってきました。



洋書といっても 私がイメージしているのは、 こんな感じの 古い洋書


18-492.jpg


出来れば 革の表紙で エンボス加工や金彩をしているのが 良いのですが


あっても ものすごくお高いでしょうから 手頃なお値段のもので妥協するとします。



こんな山積みのなかには、なさそうだし



18-481.jpg


こちらは、 和書だし

18-482.jpg


いい感じに 古いのですが  こちらも 和書

18-484.jpg


なんの本かわかりませんが 洋書がありました。


18-483.jpg



汚れも少なそうで 綺麗な本で 且つ まとめ売りなので 断念。


でも 根気よく探せば 埋もれているのを見つけることができます。


革表紙は、さすがにありませんでしたが


布貼りですが 私のイメージしているものに 近い古び感があります。


18-485.jpg


18-486.jpg


18-487.jpg


英語は、チンプンカンプンなのですが


1冊は、シェイクスピアのことが書かれていると思われる本


もう1冊は、何のことかわからない本だったので 帰宅してから調べたら


「論理」 が どうたらこうたら.....という内容のようで


いかがわしい内容のものでなく ホットしました。(笑)




さて この本は、自分で読む為に買ったものでは、ありません。


ディスプレイや 写真撮影に使うために買いました。


18-488.jpg


18-489.jpg


18-490.jpg


洋書は、 アマゾン ヤフオク メルカリ ラクマでも入手できますが



結構お高いのびっくりしました。



さらに 洋書型のイミテーションボックスというのも 販売されています。





私の場合 急ぎではなかったので 古本まつりまで待ち


1冊 500円で 買うことができました。


本として 利用しなくなったら 解体して 英字が印刷された紙として


使うことも考えています。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村  クリックしていただけると嬉しいです。


ご案内 ノイエブリーゼで只今募集中です。
11月22日(木)【マクラメワークショップ】
11月10~15日【機械編みワークショップ】
11月10日~15日【糸紡ぎワークショップ】