【機械編み】3.5ピッチの細編み機で初編み。

機械編みの部屋
07 /02 2019
昨年 ブラザーの 3.5ピッチの 細編み機を入手しました。


ブラザー デリカ KH-110


およそ40年位前?の 8ボタン式の 細編み機です。


19-090.jpg


とても状態がよく 針のサビも全くなく


付属品の欠品も1~2点のみ


汚れや変色もなく 使われた形跡がほとんどありませんでした。


画像には 写っていませんが


ニットリーダーもついています。




入手して はや1年


ようやくこの編み機で 編んでみることが出来ました。



編み機の組立ては、 古い編機でも そう大きく変わっていないと思うのですが


編み機とテーブルをクランプで固定する際


この機種は、ゴム編み機を使うときに固定するクランプを使うようです。



19-091.jpg


このクランプは、取り付け方にコツのようなものが必要なので


私は、ちょっと苦手です。



Kキャリッジのハンドルは、着脱式


専用の工具を使わなくても取り付けられたので 助かりました。


19-092.jpg



そのほかは、今 メインで使っている編み機と組み立て方法は、変わりません。


それでは、 早速編んでみましょうか。



と その前に 要所要所に油を差し キャリッジを しばらく 空で動かしをします。


これくらい動かせば 油がなじんでいるだろうと 勝手に判断し 


編みはじめることにします。



使うのは、この糸


超細いです。


19-025.jpg



いままでの経験値から このくらいの細さの糸を


このダイヤルで編んだら これくらいの編地になるだろうと判断し


ダイヤル1でゲージを編みます。


19-093.jpg



糸が細いので


目を落としたら ストッキングが伝線するように


一気にほどけていくので 注意が必要です。


この後 ワイヤーを通して アイロンセットをして


ゲージを測ります。


編み目の詰まった編地では、ないので


ふんわりやわらかく 軽い編地になりました。


編み機のほうも トラブルを起こすこともなく


機嫌よく動いてくれます。よかった!




さっ これから 本体を編むことにします。


19-094.jpg


 【イベント出店のお知らせ】
★8月24日(土) 10時~16時
【カラフルスクエア】Heart to Heart @京都市北文化会館
19-089.jpg

ミツハ


手芸と猫が大好きなミツハです。

京都ノイエブリーゼにて糸紡ぎ・機械編みのワークショップ講師件店主をしております。

ネットショップ準備中です。