染色の部屋 2017.04.13 (木)
昨日に引き続き 本日も 染めております。


羊毛 100グラム位でしたら こんな感じの鍋で染めるときもあります。


OLだったころ ステンレスの寸胴が 高くて買えず この鍋で ずっと染めをしていました。





鍋の中は、


以前 カカラさんのところで買った フェイクカシミアを


酸性染料で染めているところです。


17-186.jpg


染める前の下準備に


被染物を ぬるま湯に浸して 充分に湿らせておく


という工程があります。


このフェイクカシミアは、 ぬるま湯に漬けても


いつまでも お湯の上にプカプカ 浮いたままで


水分を含んでくれません。


ウールでは、絶対にやってはいけない


握りしめたり 上からギュウギュウ押して


スライバーの中にふくまれている空気を絞り出して


ようやく お湯の中に沈んでくれます。


この後 脱水をしすぎると 染料を含んでくれないような気がしたので


手で絞りました。


ウールじゃないので 染料を繊維に入れるとき


棒や箸  指先 ツンツンしても大丈夫。


掌で ぎゅ~~と押し付けても大丈夫。


かなり乱暴に扱っても フェルトの心配はないです。


写真が下手で 色が実物と違います。

17-187.jpg


大好きなパステル系の 優しい色に染まりました。 


この フェイクカシミア の正体は、 ナイロンです。


ぬらぬらとした 独特のケミカルな手触りは、


この感触に似たクッションをがあることを 思い出しました。 


はたして この繊維の紡ぎ心地は、どうなんでしょう。


糸にした後  編んだら 織ったら どんな感じになるのか 楽しみです。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村  クリックしていただけると嬉しいです

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クラフト雑貨・ワークショップのお店ノイエブリーゼ

2017年
4月度 営業中です。
4月10日(月)~15日(土)  12時~18時


機械編みワークショップのご案内

糸紡ぎワークショップのご案内
Secret