FC2ブログ
機械編みの部屋 2018.10.12 (金)
18-479.jpg


私は、ブラザー編み機のユーザーです。


愛機は、 KH-891パリエA です。


30年以上前に買った編み機を 今でも大事に使い続けています。


18-475.jpg


先日 ヤフオクで 部品どり用の 同機種を落札しました。

その時の記事は こちら ↓

【部品取り用として編み機を入手しました。完動品だったのでなんかもったいない気がして。】


メリヤス針のサビ


これ どうにかできないものかと 何かの折に 考えているのですが


一番よい方法は、 新しい針と交換することです。


二番目の方法は、中古の針を手に入れて 交換すること。


三番目の方法は、自分でサビを落として使うことです。


今回の編み機は、部品取り用なので お金をかけない方法を選択してみました。


どこまで サビは、落ちるのか。


1度サビついてしまった針は、使物になるのか 試してみることにしました。


200本 すべてではありませんが ほとんどが 大なり小なりサビついています。


18-468.jpg


編み機から 針を抜き取り


18-474.jpg



18-476.jpg


1本1本 サビ取りをします。



サビ取りに使ったのは、こちら


ホームセンターで入手したものです。


18-471.jpg


これを ボロ布にしみこませて 針を磨いていきます。


こんな感じのサビが


18-477.jpg



茶色のサビは、見た目 綺麗に落ちました。


18-478.jpg



しかし


一度 深部まで腐食が進んでしまった金属は、表面がザラついています。


このザラつきに 糸がひっかかり スムーズに編めないという大きな原因でもあります。


だから 私は、編み機のメンテナンスで相談されたとき


サビを落とした針を使うのを おすすめしない理由でもあります。


指先で触っても ほんのわずかなザラつきです。


これくらいならいけるかも...と 悪魔のささやきに心がゆれる人も多いでしょう。


今回サビを落とした針は、 また 編み機にセットして


いつの日か 出番が来るのを待たせることになります。


ブラザー編み機の 新品のメリヤス針は、 入手が難しくなってきています。


1本100円だとして 200本すべてだと 2万円。


大きな出費です。


もし どうしても 入手したいのでしたら 海外から 取り寄せることもできます。


ebay とか セカイモンなどで 検索したら 出てきます。


メリヤス針の値段は、 まあまあ安いのですが  当然ですが送料が とても高いのが難点。


今 編み機をもっていらっしゃる方は、 きちんとメンテナンスをして


針をサビつかせないようにするのが一番ですね。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村  クリックしていただけると嬉しいです。



ご案内 10月14日(日)15日(月)は 臨時休業です

ノイエブリーゼで只今募集中です。
10月25日(木)【マクラメワークショップ】
11月10~15日【機械編みワークショップ】
11月10日~15日【糸紡ぎワークショップ】

Secret