染色の部屋 2014.08.06 (水)
先日 お試しでやってみた 電子レンジ染め...


ネットを いろいろ調べてみたけれど みなさん 結果だけをUPされ


プロセスや データを記載していないものしかたどり着けません。


他力本願は、いけません。 自力でなんとかしろ.. と言うことなのでしょう。(笑)


私がやってみた方法は、化学的に立証されたものではなく


なんとなくやってみたら こんなになった...という結果なので


試してみられる方は、 自己責任でお願いいたします。


まずは、結果.... こんな感じに染まりました。





被染物  10年以上前に買った押入れの在庫のロムニー 45グラム


14-500.jpg


湿潤後 染液を注入


14-501.jpg


やってみたかった くるくるエスカルゴ


電子レンジ 500W 28分加熱 

14-502.jpg



加熱後 ラップをはがし 染液の浸透を確認する為 キッチンペーパーを押し当てる。


14-503.jpg


キッチンペーパーには、色は、つかなかったので OKとみなす。

14-504.jpg


放冷後 すすぎ

すすぎ湯に 染液のにじみだしは、目視では、確認できませんでした。


1分間脱水 天日乾燥


この染め方で一番気を使ったのは、 電子レンジの加熱時間です。


今回は、28分加熱しましたが その根拠は、


染める前の原毛は、 45グラム

染液を注入した後のエスカルゴ状態の原毛の重さ 420グラム

ということは、 染液の重さは、385グラム

我が家の電子レンジで 385グラムの水分を80度以上にするのにかかった時間が テストでは およそ8分
(耐熱ボールに385ccの水を入れ ラップなしで加熱 :8分後に水がポコポコしてきた)

私の場合 ウールを煮出しで染める時は、高温で30分加熱をします。


煮出しの30分と 電子レンジの30分は、イコールでは、ないと考えられるので


適当考えで 20分くらいの加熱でいいんじゃない?!と 思い


高温になるまでの8分と 加熱時間20分を足して 28分を導きだしました。


原毛の量が増えると 染液の量も増えるので 高温になるまでの時間が変わってきます。


なので またテストをする必要があります。


加熱中は、どんどんラップが膨らんできて 爆発しないかと 心配したのと


ラップのくるみかたが 甘かったせいで 染液が少し流れ出てしまいました。


楽しかったし ちゃんと染まったし 私は満足です。


次回は、100グラムで挑戦してみたいと思います。


追記 8月7日の「電子レンジ染めやってみました2」 で 再挑戦しました。
こちらのデーターもご参照くだされば嬉しいです。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村  クリックしていただければ嬉しいです。

Secret