染色の部屋 2015.02.28 (土)
先日 イースターエッグ用染料で原毛を染めましたが


その時 染液が少し残ってしまいました。


15-190.jpg


捨てるのは、持ったいない...でも そんなに沢山染められる量じゃないし...と思案していたら


そうだ!


去年 東京スピニングパーティで買った 繭があることを 思い出しました。





私は、生糸をとるために買ったのではなく アートヤーンのアドインに使う為に買ったので


これを染めてしまおうと 思ったわけでして....


しかし..この繭 サナギが入ったままです。


サナギを取り出してから染めるか  染めてから取り出すか....


染める前だったら サナギは、カラカラの干物状態だけど


染めた後だったら ふやけてしまい 膨れて 取り出しにくくなるのかなぁ~~~と 考えた結果


染める前に取り出すことにしました。


サナギを 見るのは 初めてです。


非常に勇気がいりました。


15-189.jpg


サナギを取り出した後は、


ペットボトルの染液を 小瓶に移して


15-191.jpg


繭を ドボンと浸し込みます。


15-192.jpg


絹は、常温で染まるので 加熱せず このまま放置


なんやかんや 家事をしているうちに 染めていることを忘れてしまい


放置すること数時間



15-194.jpg


結構 濃く染まりました。


精錬をしていないので ムラに染まりましたが それはそれで ヨシとします。


もう少し暖かくなって 水を触るのが苦にならなくなってきたら


また何か染めてみようと思います。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ノイエブリーゼでは、ショップで委託販売させていただくハンドメイド作家様を募集しております。

3月の営業は、3月10日(火)~15日(日)の6日間。

作品の納期は、3月9日(月)までにノイエブリーゼに到着するようお願いいたします。


詳細は、こちらをご参照ください。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村  クリックしていただけると嬉しいです。
Secret