紡ぎの部屋 2015.04.01 (水)
手持ちの何本かのスピンドル


画像のものは、全てドロップスピンドルですが 少しずつ細部が違います。 





一番違うのは、軸棒の一番上の部分です。


15-282.jpg


慣れてしまえば いづれのタイプも楽しく紡ぐことができます。


つい先日 アナンダで 糸車の部品を購入した時

安かったので 試してみようと思い ”ついで買い”で くびれ型のスピンドルを購入してみました。


くびれ型のスピンドルは、初めてです。


紡いでみて このタイプは、糸を軸棒に巻き取る度に 軸の上部に糸を結ばないと(止めないと)いけません。


それが私には、結構面倒でした。


慣れれば どうってことはないのですが


知人のアドバイスもあり 軸棒のてっぺんに ヒートンをとりつけてみることにしました。


このスピンドル 最初からてっぺんに 穴があけてあります。

15-283.jpg


”ここにヒートンつけてもいいよ!” という配慮なのでしょうか(笑)


ホームセンターで 適当な大きさのヒートンと購入して


15-284.jpg


ペンチとラジオペンチを使って ヒートンの輪を広げます。


結構 力がいりました。(笑)

15-285.jpg


でもって 軸棒に ねじ込みましたところ


15-286.jpg



乱暴に力技でねじ込んだせいでしょうか


パキッ と 軸棒が割れてしまいました。(涙)


原因は、私が力を入れすぎて ねじ込んだからです。


このスピンドルを作ったインドの職人さんが空けた穴は、


軸棒のほんの入口だけで 奥までは、空けてありません。


最初に キリ等で穴をしっから確保してから ねじ込むべきでした。


割れてしまった軸棒は、これ以上広がらないよう ボンドを流し込んでみようと思います。


ヒートンをつけての試し紡ぎは、 私には、とても快適です。


しばらくこれで様子を見てみたいと思います。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ノイエブリーゼでは、ショップで委託販売させていただくハンドメイド作家様を募集しております。

作品の納期は、 4月9日(木)までに 届くようお願いいたします。

4月の営業は、4月10日(金)~15日(水)の6日間。


詳細は、こちらをご参照ください。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村  クリックしていただけると嬉しいです。
Secret