紡ぎの部屋 2015.05.15 (金)
Handworks Blanketさんから いただいた 綿を紡ごうと思いまして


頂いた実綿から 種を取り 綿の状態にします。

ここから 綿をほぐす作業になります。


綿をほぐすには、コットン用ハンドカーダーでほぐすか

綿打ち弓でほぐすかになります。


コットン用ハンドカーダーも結構なお値段がするものですから

弓なら なんか自作できそうな気がしたので 作ってみることにしました。


ホームセンターで100円くらいで売っている 竹





夫に協力してもらい ドリルで 穴あけてもらい


15-335.jpg

(なんかごちゃごちゃした画像ですみません)


穴をあけた後は、弦を張るのですが 竹が乾燥した状態で曲げると

折れてしまうので 水分を含ませてからまげます。


15-334.jpg


で 半日ほど 水分を吸わせて 弦を張ります。


勇気を出して ゆっくりと これでもか..と言う位 竹を曲げ テグスで固定します。

本当だったら テニスラケットのガットのようなものが良いのでしょうが

いくらするのかわからないし 歩いて行ける近所に ガットを売っていそうなお店ないし...


家にあった一番太目のテグスを張りました。


15-331.jpg


で 弦をビンビンはじいて 綿の塊をほぐします。


15-332.jpg


ここまでやっておけば 後は、時間が出来たときに少しづつ紡ぐことができます。


綿打ち弓を使った 動画が稲垣機料にあります。
こちら ↓ をどうぞ

http://www.inagakikiryou.com/s_watayumi.html


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ノイエブリーゼでは、ショップで委託販売させていただくハンドメイド作家様を募集しております。


6月の営業は、6月10日(水)~15日(月)の5日間。
6月14日(日)は臨時定休日とさせて頂きます。


詳細は、こちらをご参照ください。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村  クリックしていただけると嬉しいです。
Secret