紡ぎの部屋 2013.05.12 (日)
私が使っている糸車は、アシュフォードのトラディショナルを ダブルペダルにしたもの使用しています。

使い始めて 16~7年位でしょうか。


13-250.jpg


機嫌を損ねることなく 動いてくれるので 他の糸車に買い替える気がおきません。


先日 いつものように 糸車を踏んでいると アレッ!!と 


13-249.jpg


なんか 飛び出ていることに 気が付きました。


13-251.jpg


長年使ってきたので ねじが緩んできても おかしくありません。

緩んだねじは 締めればよいのです。


13-252.jpg


専用の レンチを使って 締めます。


締めます。 締めます。 締めます。


いくら締めても 締まりました と言う抵抗が手に伝わってきません。


これは おかしい... と思って ねじの頭を持って 引き抜いてみると



13-253.jpg


いとも 簡単に 抜けてしまいました。


ねじ穴が 完全に ゆるゆるになって用途をなさなくなっています。

いつの間にこんなことになったのでしょう。


うんんん~~~~~~


一番簡単な方法は ねじ穴に ボンドを注入して ねじを差し込んで接着する方法があるのですが

これだと将来 糸車を分解することが出来なくなります。


ホームセンターにいけば なんかあるはずだと思い ホームセンターに行ってみました。



我が家の近所のホームセンターは 徒歩10分の場所にあるので とても便利です。


街中にある中型店舗なので 大型店のような 豊富な品揃えはないですが よく利用しています。



補修剤のコーナーを よぉ~~く探したら あるんですね。


13-254.jpg


こんなものを 見つけました。


早速購入して 糸車の ねじ穴の注入してみました。


13-255.jpg


硬化に24時間かかるそうなので 翌日に ねじを挿入して 締めて 締めて....


ねじ先が 釘のようにとがっていないので 締めるのに 非常に難儀しましたが


何とか もと通りになりました。


これで しばらくは 持つでしょう。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


機械編みワークショップ

2013年 5月18日(土)


詳細は、こちらへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村
Secret