紡ぎの部屋 2016.01.31 (日)
シェッランドレース用の糸を紡ぐ時  私は、スピンドルを使うことが多いです。



  ↑ は、 田村直子さんお手製のスピンドルです。

軸は、菜箸  上部フックは、 カットしたゼムピン  円盤は、そこらへんの厚紙を貼り合わせたもの です。

見た目は、 アレですが 非常に安価な材料費で自作できます。
使い心地も私には、気持ちよく使えています。

が! 問題点が1つ

16-018.jpg


円盤の中央部分のホールが 使っているうちに 広がってきて


16-028.jpg

円盤の水平を保てなくなってくること。

穴をビニールテープで補強したり 円盤の下に輪ゴムを巻き付けて 水平を保たせたりしてきました。

新しい厚紙で円盤を作り直せばよいのですが
また使い込んでいくうちに 穴は、広がってくるので根本的な解決には、なりません。

いろいろ考えているうちに

そうだ 私は、これを持っているのだと気が付きました。


16-021.jpg

スピナッツで売っている スピニット

これは、円盤の部分がシリコンでできているので
穴と軸は、 ピタッ と吸い付くようにつき ブレません。

この円盤を1枚使えばいいのでは...と思い

まずは、厚紙の円盤の重さを計ってみました。

16-020.jpg

8グラム

16-029.jpg

  ↑ これの重さは 10グラム


2グラムほど差があります。

たったの2グラムですが シェッランドレースを紡ぐ上では 大きな2グラムです。(と 私は思う)


なんか良い案がないものかと 月日が流れたある日
100均で こんなものを見かけました。

16-022.jpg

カップに乗せる蓋

16-023.jpg


これって シリコンでできています。
使えるかも..と思い 早速購入。

16-024.jpg

重さを計ると 19グラム

10グラム以上重いです。そうとなれば 切ります。


16-025.jpg

何度か思考錯誤し これでどうだ!

16-026.jpg

7グラム

ちょっと 切りすぎたようですが よし!とします。

さっそく いままで使っていた軸に取り付けてみます。


16-027.jpg


軸にキュッと 吸い付きます。

円盤の径が 厚紙の時より 小さくなったので 回転がやや速めになりましたが

それは問題ないでしょう。

これで しばらく試してみます。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村  クリックしていただけると嬉しいです

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ハンドメイド雑貨・ワークショップのお店ノイエブリーゼは、

次回は 2月10日(水)~15日(月)
12時~18時
Secret