紡ぎの部屋 2013.03.26 (火)
作品作りのアイディアが なかなか浮かばないので 「いつか時間が出来た時にやろう」 とため込んでいる事柄の中から 一つやることにしました。



画像データの日付を見て どうやら2006年5月に購入したものらしい。


13-200.jpg


ポンタさんのところで 購入した お試しセット


13-193.jpg


(画像は 一部)

洗毛済ものと グリージーのものがあったので 購入した時に開封して とりあえず すべて洗って そのままほったらかしていました。


13-194.jpg



(画像は 一部)


どれが どれだか わからなくならないように 迷子札を付けて作業をします。


13-195.jpg


(画像は 一部)



カーディングして 単糸と双糸に紡いで 撚り止めをして


織りと編みの スワッチを作ります。


お試しパックに入っている原毛は、各種 重さは同じなのだが 紡いで出来上がる糸長が違うので スワッチの大きさも変えなくてはなりません。


13-196.jpg


(画像は 一部)


編みスワッチは、アイロンセットをし 織りスワッチは、苦手な縮絨をして台紙に 貼り付けます。



そして ここで 10年位前に参加したホッチキスパーティーで作った ”羊の手帳”を取り出します。


13-197.jpg


これには、 原毛のサンプルが 貼付してあります。


13-198.jpg

見開いた時 全ページ片面しか利用していないので 各ページのファイリングを少し変えて

13-199.jpg

両面見開いた時 原毛のサンプルと 編み・織りサンプルが 同時に見られるようにしてみました。


今回は、英国羊毛をしてみたのだが 各種 量は、少ないのだけれのも 種類が多いので

結構手間と時間がかかります。


急ぐときは、出来ない仕事です。


英国羊毛は、キャラクターの違いがはっきりしていて 紡いでいて飽きず楽しい。



今度は、NZ羊毛に取り掛かるのだが その前に ちょっと 息抜きをしよっと!!!



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


機械編みワークショップ

2013年 4月13日(土)

        20日(土)に変更

詳細は、こちらへ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村

↑ 1日1回1クリックで 1票入る仕組みになっています。
クリックするたびに 「日本ブログ村」に飛んでしまうので
めんどうかもしれませんが 応援していただけると 更新のはげみになります
Secret