紡ぎの部屋 2016.06.16 (木)
京都のラメールさんに スライバーを注文するついでに

前々から興味のあった ターキッシュスピンドルを 購入してみました。


ターキッシュスピンドルは、 普通のスピンドルに比べて 少しお高め。

アシュフォード社の ターキッシュスピンドルは、 日本の木工作家さんが作るような 
上等な木材や 上品な塗装とかしてなく 白木のまま。 
色気ゼロです。

16-243.jpg

16-245.jpg

英語の取説と ラメールさんが 日本語訳した取説がついていました。

16-244.jpg

とりあえず 組み立ててみます。

16-246.jpg

16-247.jpg

何グラムあるのでしょう。それによって 紡ぐ糸の太さが決まります。

16-248.jpg

54グラム

私は、通常 40グラム前後のスピンドルを使って 紡いでいるので  いつもより 太目に紡ぐことになります。

導き糸をつけて

16-249.jpg

紡ぎます。

いつもと 同じようなチカラで 回転を加えるのですが  いつも使っているスピンドルより 回転が ゆっくり目です。

羽の径が大きいので それは、承知のこと。

慣れれば どうってこと ありません。

16-250.jpg

紡いだ糸を 取り出します。

軸棒を 引っこ抜いて 「薄い羽」 を 抜き取ります。

16-252.jpg

毛糸玉になります。

16-253.jpg


毛糸玉の真ん中には、 導き糸がもぐりこんでいるので 取り出しておきます。

16-254.jpg

白木のままでは、 色気がないので なにか 塗装をしようと思ったのですが

手持ちの塗料がなく わざわざ スピンドル1本の為に 買いに行く気にもならず

ワックスポリッシュをぬることにしました。

16-255.jpg

ワックスポリッシュ塗布後は、 他のスピンドルと一緒に 吊るしました。

16-256.jpg

ノイエブリーゼでの スピンドルワークショップで お使いいただくことが出来ます。
毎月 10日~15日の6日間
13時~17時の間ご都合のよい時間に 予約不要で参加できます。
(最終受付16時)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村  クリックしていただけると嬉しいです

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クラフト雑貨・ワークショップのお店ノイエブリーゼ

7月10日(日)~15日(金)  12時~18時
期間中 毎日ワークショップ開催しています。
Secret