機械編みの部屋 2016.06.26 (日)
最近よく目にする言葉に

何事も 器の大きさは、決まっていて それがいっぱいになったら なんにも入らなくなる。
新しいものを入れたいのだったら 何かを手放さないといけない。

これは、物だったり 事だったり 考え方だったり いろんな切り口があると思います。

その言葉を思い出す出来事がありました。

去年 知人より 「いらない?!」 と 譲ってもらった ドラムカーダー。
私の所で半年ほど使ったところで
別の知人が 「どうしても 欲しいので 譲って」 と とても強く懇願されたので そんなに欲しいなら..と 手放しました。




それから ひと月あまり過ぎた時

マロのお母さん経由で 編み機を手放したい方がいらっしゃるので 使いませんかと お話を頂きました。

先方さん宅には、編み機が2~3台あるということなので 宅配便は、利用せず 
家族に車を出してもらって 引き取りに行って来ました。

かんたん70  SK-700 4.5ピッチ (取説がないのが 残念)

16-270.jpg

マイ スタジオ SK-155P 6.5ピッチだと思う

16-271.jpg

かんたんバルキー SK-120 6.5ピッチだと思う (針にサビがあるのが残念)

16-272.jpg

ゴム編み機 SRJ70 4.5ピッチ (取説なし)

16-273.jpg

16-274.jpg

16-275.jpg

16-276.jpg

このキャリッジだけが なぞです。
品番をたどって 身元を探してみます。

16-277.jpg

ざぁ~~~と見たところ 編むのに支障のないよう 付属品もそろっているようです。

かんたんバルキー以外は、針のさびもないので 針押さえを変えて 油を差したら すぐに使えると思います。

さて シルバー編み機の取説は、今でも手に入るのでしょうか。

ブラザーの編み機の取説は、ブラザーの会社自体は、存在しているので 今でも取り寄せられるのですが
シルバーは、会社が倒産したので どうしたものか....
これまた調べてみないと....

*追記 現在 取説の有無について シルバーリードに問合せ中です。

私は、シルバーの編み機は、扱ったことがないので
ブラザーとどう違うか 使い比べて見るのが 楽しみです。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村  クリックしていただけると嬉しいです

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クラフト雑貨・ワークショップのお店ノイエブリーゼ

7月10日(日)~15日(金)  12時~18時
期間中 毎日ワークショップ開催しています。
Secret