染色の部屋 2016.11.09 (水)
オーストラリア原産で フトモモ科のユーカリ

アロマオイルの原料になったり コアラの餌としてもつかわれます。


私は、 草木染めの染材として使っています。

画像は、ユーカリ シネリア (2015年にシャトンさんいいただいた時のもの)

15-145.jpg

煮出して 羊毛を染めると レンガ色に染まります。
堅牢度もよいし 赤系に染まる数少ない染材の一つです。

15-151.jpg

このユーカリをなんとか 自宅で育てられないか...と思い

 ↑ の染材をいただいた時 挿し木をしたのですが 根付きませんでした。

それから 植木市とか 園芸店に行く機会があった時

ユーカリ シネリアがないか 探すのですが なかなかお目にかかれずにいたところ


先日 家族が 仕事関係のところから 

「種類は、わからないけど もらってきた...」

ということで 挿し木に再チャレンジしてみました。




これから 寒くなる季節の挿し木は、 素人目にも成功率が低そうに思えます。

おまけに このユーカリ 葉っぱの形状は、丸いのですが

シネリアなのか グニーなのか 見極め方がわかりません。

この ↓ 書物に書かれていることを 読み解くと

16-505.jpg

夏に咲く 花の色で 見極めるしかなさそうです。

シネリアは、黄色の小花

グニーは、白色の花

どちらも 染材としては、堅牢度が良いそうですが

私は、 レンガ色に染まる シネリアが欲しいと思っています。

もらってきた ユーカリは、どちらなのでしょうね。

挿し木が成功し 花が咲くまで どれくらい年月がかかるのかしら.....

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村  クリックしていただけると嬉しいです

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クラフト雑貨・ワークショップのお店ノイエブリーゼ

11月の営業
11月16日(水)~20日(日)  12時~18時
Secret